物理的ストレスがニキビに影響!?そのメカニズムとは?

物理的ストレスということを聞いたことがありますか?

簡単にいってしまえば精神的なものではなく外気温の急激な変化などのことです。

 

物理的なストレスが発生した場合、頻繁に発生しないのであればカラダも頑張ってくれるのですが、頻繁に発生するような状況下になると自律神経へも影響をおよぼすようになります。

 

 

その結果、交換神経が活発になり男性ホルモンが大量に放出されます。そうなると皮膚を硬くする&皮脂を過剰分泌するようになりお肌には影響がでてきます

 

こうなると毛穴が詰まる可能性も高くなり、ニキビ発症の可能性も同時に高まってきます。

 

 

物理的なストレスとは?

物理的なストレスとは外気温の変化、満員電車、騒音など精神的ストレスを作り出される物理的なストレスのことをさします。

 

 

例えば私が、

 

 

「あなたはそんな食生活してるからニキビができるのよ!早く直しなさいよ!」

 

 

 

 

 

なんていきなり言い出したらイラッとしますよね。壁の薄いマンションとかだったら隣の部屋の人がうるさいとか、なんか変な声が聴こえるとかも一種の物理的なストレスですね^^;

 

 

 

物理的ストレスが過剰になるとどういう症状がでるのか?

冒頭でも軽くふれましたが、もう少し掘り下げます。

 

 

人間のカラダは体温調整機能をもっています。

 

暑い夏場は副交感神経が優位になり血管を拡張・血流をよくし発汗を促します。その汗が気化するときに熱を消費するこういった動きで体温をさげます。また冬場は逆に血管を細くし、血液を全身に送り込むことで体温の低下を防いでいます。

 

季節的な長い時間の間でのなだらかな出来事であればカラダも対応ができます。

 

 

しかし夏場のように、エアコンがガンガン効いた室内と、暑い外気の切り替えを何度も繰り返すと自律神経の切り替えが追いつかず最終的にはバランスを崩した状態になってしまいます。

 

 

自律神経がバランスを崩すと・・・?

では自律神経がバランスを崩すとどうなるのか?
そのことに触れる前に自律神経ってなーに?ということを簡単におさらいしましょう!

 

 

自律神経は交感神経と副交感神経の2つから構成されています。

 

交感神経は興奮・ストレス時に活発になり、副交感神経はリラックスしてるときなどに優位に働きます。このうち交感神経が活発化しているときには男性ホルモンが多く分泌されるようになります。

 

 

男性ホルモンには皮脂の分泌を促すテストステロンというホルモンが含まれており大量分泌された場合、皮脂もどぱぁと大量に出るようになります。

 

もう一回いいますね。

 

 

どぱぁってでるんです。

 

そして角質も硬くなるのでニキビ注意報発令です。

 

 

 

物理的ストレスにどう立ち向かうか?

実は対処が難しい物理的ストレス。
それはなぜか?ストレス的要因を取り除きづらいからです。

 

 

寒暖の差が激しいといってもどうすることもできないんです。
しかし軽減することは出来ます。

 

 

夏場であればカーディガンを持ち歩くなどの対策をすれば外気とオフィス内の気温差は小さくなります。
心理的ストレスと違ってよりいっそうの注意が必要なのが物理的ストレスの特徴です。

 

またスポーツや趣味で汗をかく、友達とめっちゃ楽しんでみる、徹底的にだらだらしてみる!などでストレスを発散することも大切です。