背中ニキビの治し方!3ヶ月で取り戻すキレイ肌

背中ニキビの原因はシャンプー!?シャンプーが背中に与える影響とは?

背中ニキビの見直しを行うときに簡単にできるのがお風呂の見直し!
洗顔には気を使っているけど体は雑に洗っているもしくは気にしていないという人は要注意!
背中は普段あまり気にしていないかもしれませんが夏になり薄着の季節になってくると目立つもの。

 

少しでも早く背中ニキビを治したいあたなはしっかりと見ていってくださいねー!

 

シャンプー・リンスの洗い流しに注意!

背中は実は皮脂腺が体の他の部分とくらべても多いパーツ。
そして皮膚も厚いのため毛穴の汚れもたまりやすいといった側面もあります。

 

お風呂では毛穴が開くものの逆にそれが流したシャンプーやリンスが詰まってしまう原因にもなるんです。
汚れを落とすはずの界面活性剤が毛穴にとどまり、反対に肌を傷つけてしまう。
その結果、炎症を起こして背中ニキビやマラセチア毛包炎といった厄介な病気へと発展していきます。

 

特にリンスやコンディショナーはどこまで流していいかがわからず付けたあと軽くさっとお湯で流すだけの人も多いのではないでしょうか。
リンスやコンディショナーは髪の毛をしっとりさせたり髪ツヤを出すために簡単には流れないようになっている点も厄介な点ですね。

 

 

まずはシャンプーをノンシリコンのものに変えてみよう!

 

シャンプーにはシリコンとノンシリコンのものと2種類あります。
簡単にいってしまえばシリコンとはコーティングの一種です。

 

皮膜を作り指通りを良くしてくれたり、髪ツヤを出したりと女性には嬉しい気がしますよね。
しかしその強力な皮膜を貼る能力のせいで毛穴を塞ぎ詰まりやすくなってしまっているのです。

 

特に女性はシャンプーもコンディショナーもしっかり付ける人が多いと思いますので、それが逆に背中ニキビの原因の一つになってしまっていたんですね。

 

また市販のものは石油系界面活性剤のものがほとんどです。
これは石油系の場合、安価に大量生産が可能なためです。

 

シリコンが含まれているかどうかは表記を見ればすぐわかります。
ただしシリコンとは記載されていないのでその点は注意が必要です。

 

シリコンの表示名
ジメチコン、シクロメチコン、シリカ、シリル、シロキ、シラン

 

 

選ぶのであれば石鹸シャンプーやノンシリコンでアミノ酸入のシャンプーがおすすめです。
一つの体験談として、

 

 

 

当時、髪が長くシャンプーしてトリートメントする時に髪をタオルでくるまず
だら〜っと背中にのばしたままにしていました。しばらく放置して流しますが
軽くしか流さなかったので、まだぬるっとした状態の髪。
その状態でまた背中にくっついていたので、今にして思えば背中にトリートメントが結構残っていたのではないかと思います。

 

 

 

といった意見もあるので特に髪がロングの方や、女性は注意してシャンプーを変えてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

シャンプー・トリートメントには強い洗浄成分と刺激的な科学成分がたっぷり!

最近のシャンプーは脂っぽい髪でもたった1回の洗いでキレイになります。
ということはそれだけ強力は洗浄成分が含まれているということです。

 

トリートメントは更に厄介で先ほどの繰り返しになりますが、髪の毛をしっとりさせたり髪ツヤを出したりといった効果がありますが一方で皮膜をしっかりはってしまうことが自分自身をも傷つけてしまっているという結果です。

 

せっかくキレイになりたくてやったことが逆効果なんて残念ですよね。。。
ですのでまずはしっかりと改善に受けて理解をどんどん深めて行ってもらえればと思います。

 

 

 洗い残しを防ぐには洗う順番も大切!

 

洗い残しを防ぐためにも洗う順番は頭、顔、体といった順番がおすすめです。
メイク落としがあるからという方は顔からでもいいですがいずれにせよ上から順番に流すことで背中にシャンプーが残らないようにする必要があります

 

また髪の毛が長い女性は前に垂らしながら洗う、もしくはあらった後、コンディショナーなどする場合には髪をタオルに包んで直接肌に髪が触れないようにしてあげることが大切です。

 

 

 

 

 

天然成分のノンシリコンシャンプーを探しているあなたへ・・・

しっかりと背中ニキビ治したいというあなたはノンシリコンシャンプーを一度試してみてはいかがでしょうか?

 

 

石油界面活性剤や添加物をつかっていないので妊婦さんでも安心して使うことができます。

 

 

今ならお試しキットが限定価格で試せるので気になるかたは覗いてみてくださいね。

 

 


シャンプーから背中ケアはじめてみませんか?