背中ニキビの治し方!3ヶ月で取り戻すキレイ肌

精神的ストレスと背中ニキビの関係?!知らないと治らない大事なワケ!

精神的なストレスが背中ニキビに与える影響とは?

 

ストレスが溜まってくると体調にも影響がでるということは体感的にあなたも知っているかもしれません。
精神的なストレスは背中ニキビにも影響があることを知っていますか?

 

そういえばイライラしたりストレスたまってるなぁって感じた時にできてるかも・・・

 

 

そう、ストレスを体で体感していて体にはよくないんだろうなと思ってもなかなかそのメカニズムまで知っている人はいないのではないでしょうか。

 

そこでこの記事では背中ニキビとストレスの関係についてまとめたいと思います。

 

 

精神的なストレスをうけると体は防衛本能が働く!

 

精神的なストレスが発生した際に、体の中ではそのストレスから守ろうとして防衛本能が働きます。その防衛本能の現れとして自律神経のうち交感神経が優位な状態へと変わります。

 

通常時は副交感神経が優位な状態にあり、この状態では体をリラックスさせたり、心を安定させるような働きがあります。
しかしストレスを受けることで交感神経が優位になると興奮作用のあるアドレナリンやその状態に打ち勝とうとする意識が働くように男性ホルモンが分泌されます。

 

またストレスを受けると体内では活性酸素も発生し、その状態がずっと続くとホルモンバランスが乱れるなどの症状が出てきます。

 

 

活性酸素が発生すると体はどうなるのか?

アドレナリンにより発生した活性酸素は体にどのような作用をもたらすのでしょうか?

 

活性酸素はまず皮脂の分泌を増やします
また活性酸素とその皮脂が結びつくことで過酸化脂質に変化します。

 

これは俗に肌サビと呼ばれ周りの細胞を傷つけてしまうほど強い作用力を持ちます。
その結果、肌に現れてくるのは老化、シミ、そばかす、ニキビなどの症状です。

 

特に皮脂に含まれるスクワレンという物質は酸化しやすいので注意が必要です。
注意しろっって言われてもなかなか難しいですけどね。。

 

そのスクワレンが酸化するとハイドロパーオキサイドと呼ばれる過酸化物質になりこれもまた周囲の細胞を傷つける強力は作用力をもちます。

 

男性ホルモンが増えるとどうなるのか?

精神的ストレスにより男性ホルモンが増えた場合はどうでしょうか?

 

男性ホルモンは、

 

  • 皮脂の分泌を促す
  • 角栓の発生
  • 毛穴の縮小
  • 角質の柔軟性を失う

 

 

などの症状を発生させます。
角質な柔軟性が失われ、毛穴が縮小したところに余分や皮脂や角栓が詰まって白ニキビを発生させます。
現代は、女性の社会進出なども進んだせいもあり日常的にストレスを抱える人が増えてきています。
またその結果ストレスにより女性であっても男性ホルモンが優位な状態な人が多数存在していることは間違いありません。

 

精神的なストレスは免疫力も低下させる!

 

ストレスを感じた時、体内ではコレチゾールというホルモンも分泌されます。
ストレスに対して放出されるため別名を「コレチゾール」とも呼ばれています。

 

コレチゾールには抗炎症作用があり一見するとなんか炎症を抑えるのでよさそうと感じるかも知れません。
しかし炎症というのは体の防衛反応の一種で炎症することでその部位に痛みをおこし治癒・修復を促す働きがあります。
しかし治癒には相当量のエネルギーを必要となります。

 

そこで生命が危機に瀕するような場合には、コレチゾールが炎症を抑えることでエネルギー消費を抑え生命活動を維持しようとするのです。

 

その結果、防衛本能が薄れ、傷の治りが遅くなります
これは言い換えれば肌もダメージを受けた場合に修復をしますがコレチゾールの働きによってターンオーバーが遅れたり肌の修復に時間がかかるなどするようになります。

 

そうなると肌がよりダメージを受けやすくなったり、肌バリアも弱くなり、ターンオーバーが乱れることで古い角質がスムーズに排出されないなどニキビになりやすい体質になります。
ダメージがある期間が長引くと肌が敏感肌になりやすく、また刺激に弱くなることからアトピーになる人もいます。

 

 

コレチゾールは男性ホルモンの分泌も促すニキビの大敵!

コレチゾールは抗炎症作用があるだけでなく、男性ホルモンの分泌も促します。
ストレスの結果、男性ホルモンやターンオーバーが乱れニキビができてしまうと、そのニキビがまた新しいストレスになり、また肌が荒れるといった悪循環に落ちいってしまいます。

 

繰り返しになりますが男性ホルモンはニキビになる要因の、毛穴の縮小、角栓の発生、皮脂の過剰分泌や肌の水分量の減少といったことを発生させます。
肌の水分量が減少すると肌の乾燥などを招くので注意が必要です。

 

もっと詳しく見てみる :

 

またその一方で肌のダメージからの回復をエネルギー維持の方を優先するために遅らせるといった働きをコレチゾールがしてしまうためさらにニキビになりやすい環境になっているといっても問題ないくらいです。

 

ですのでショッピングや友達との買い物、カラオケ、運動をするなどしてしっかりとストレス発散するとともに生活習慣や睡眠不足の解消などをすることで更に背中ニキビに対して改善効果が高まりますのでそちらもあわせて試してみてはいかがでしょうか?!

 

背中ニキビはしっかりと向きあえば必ず良くなる病気です。
しっかりと向き合って改善していきましょう!