背中ニキビの治し方!3ヶ月で取り戻すキレイ肌

背中ニキビを未然に予防するための7つの黄金ルール

背中ニキビは治すのが大変!未然の予防が最適!

顔ニキビは比較的早く治ったのに背中ニキビってなかなか治らないなぁって思っていませんか?
背中ニキビは背中の環境の影響もあり一旦なってしまうと完治までに時間がかかるのが特徴です。

 

背中は顔や胸と同じくらい皮脂腺が多く、寝汗や衣服による摩擦のダメージを受けやすいため治りが遅いのです。
また衣類の化学繊維は静電気を発生させやすくそういった意味でも背中へのダメージは大きいといえます。
治るのが遅いのだったらならないようにするのが一番ですよね!

 

そこで背中ニキビを未然に予防するための7つのルールと題して気をつけてほしいポイントをご紹介シます!

 

 

背中ニキビについて説明する博士 

 

背中ニキビを予防するための7つのルール!

1.なんといっても生活習慣の見直しが一番!

背中ニキビのおおもとは皮脂や角栓による毛穴つまりですがそれを引き起こしているのは生活習慣や寝不足といったあなたのライフスタイルにあります。

 

冒頭に説明したように背中ニキビは一度なってしまうと背中の環境の悪さにより完治するまでに時間がかかります。
外側からのケアも大切ですが、もっと大切なのは体の内側からのケア。

 

自宅で簡単に取り組めるものばかりですのでしっかりと取り入れてあなたのきれいな背中を取り戻しましょう!

 

 

2.栄養バランスのとれた食事で背中ニキビに体の内側から効く!

栄養バランスのとれた食事はあなたの健康のためにも必要になります。
また反対に油物、甘いもの、辛いモノばかりを食べていると栄養バランスが崩れ結果的にはニキビになりやすい肌へとなってしまいます。

 

ビタミンCやビタミンB2/B6は新陳代謝を助けるとともに肌の再生も助けるため背中ニキビに効果があります。
特にビタミンCとビタミンB6は同時に摂取することで効果がさらに高まるので積極的に摂取していきましょう!

 

3.シャンプーやコンディショナーはしっかりと流しきる!髪の洗い方にも注意が必要!

最近のシャンプーやコンディショナーにはほとんどといってもいいほどシリコンが入っています。
シリコンってよく聞くけどそういえばどんな効果があるんだろ?って思ったことありませんか?

 

シリコンは簡単にいうとコーティング剤です。
髪をコーティングしてくれるので指通りがよくなったり、さらさらになるんですよね。
しかしそれは髪に限定した話で、皮膚からシリコンを見た場合にはマイナスに働きます。

 

コーティングの仕組みとしては皮膜といって膜をはることにより保護するといった流れです。
しかしこれが毛穴の視点からすると毛穴を塞いでしまうといった働きになります。皮脂や角栓が外に出れなくなるので中には皮脂が充満しそしてニキビへと発展していきます。

 

このシリコンの厄介なところはその皮膜力と洗浄力です。
シャンプーや石鹸は界面活性剤といって汚れを浮かして落としますがその強力な作用で肌に必要な皮脂までも落としてしまいます。

 

お風呂あがりに感じたことありますよね?さっぱりしたけど、なんか突っ張ってる感じあるなぁって。
あれは肌に必要な皮脂まで落としてしまっているので水分がどんどん蒸発していってるんですよね。

 

それに加えて毛穴は強力な皮膜力を持つシリコンで覆われて閉まっている。
ですので背中ニキビや肌荒れが気になる人はシャンプーやコンディショナーをノンシリコンのものに変えてみることをおすすめします。

 

そうして反応をみてみましょう。
それで肌荒れやニキビがおさまったのであれば背中ニキビの原因はシャンプーやコンディショナーだったということです。

 

こればっかりは試してみないとわかりません。
シャンプーから石鹸シャンプーに変えたら一気によくなった!という事例もありますので一度試してみる価値はあると思います。

 

 

4.肌着は化学繊維はやめて木綿や綿にしてみる!家に帰ったらすぐ着替えを!

普段あなたは肌着はどんなものをきていますか?ユニクロなど最近は安い肌着でデザインもそこそこのものが出ているのであなたもそうかもしれませんね。

 

私もユニクロもってますw

 

しかし化学繊維でできている肌着って実は肌にはダメージを与える恐れがあるということも知っていますか?
化学繊維は静電気を起こしやすくその発生した静電気で肌にダメージを与えてしまうんです。

 

普段静電気ってバチってするくらいだからあんまりきにしていないかもしれませんが、電気だけあってあれは数万ボルトありますからね。
そうすると肌に軽いやけどを追わせるようなものです。

 

肌がダメージを受けると外部からの攻撃や、細菌からの攻撃に弱くなるので更に肌が弱くなったり敏感肌になったりとニキビになりやすい肌になります。
ですので静電気を起こしにくく肌にも優しい木綿などを利用するとよいです。

 

また特に夏場は汗をかきやすいで外から帰ったらこまめに肌着をかえるということも大切です。
そこで注意したいのが汗を拭き取るのはいいのですが清潔にしようとしてゴシゴシとこすったりすることはやめましょう。

 

皮脂の取り過ぎや、肌を摩擦で傷める可能性があるので拭き取るにしても優しく拭き取りましょう!

 

 

5.ストレス開放!ストレスと上手く付き合って肌を守ろう!

ストレスは適度なものであればそれをバネに頑張れたりもしますがストレスがずっと継続したり過度なものになってしまうと体の不調や心の不調にと変わってしまいます。

 

ストレスを感じると体の中では自律神経である交感神経と副交感神経のうち交感神経が優位になります。
そうすると男性ホルモンを分泌したり、アドレナリンを出したりと攻撃的な状態に変わります。

 

男性ホルモンには毛穴を縮小させたり皮脂の分泌を促したりする作用があるのでニキビにつながりやすいというわけなんですよね。

 

またストレスは体内で活性酸素も発生させる原因になります。
活性酸素は肌の老化や肌トラブルを引き起こす原因になるのでストレスを感じたら抗酸化作用のあるビタミンCなどを積極的にとることでストレスに対抗していきましょう!

 

6.良質な睡眠をとることで肌ケア&幸せ度アップ!

昔から睡眠不足はお肌の大敵!とかいいますがこれには2つ理由があります。
1つはお肌は寝ている間に再生するので昼間受けたダメージが睡眠をしっかりとらないと回復しきらないためです。

 

回復しきらないと再びダメージを受けやすかったり、シミやシワ、ニキビの原因になったり潤いがなくなったりします。
特に年齢を重ねてくると回復力も落ちてきますから寝不足だとかなり深刻な状態になりますのでしっかりと睡眠をとるようにしてください。

 

また科学的な根拠はありませんが、お昼休みに15分程度睡眠をとるとお肌のハリツヤアップというのを数多くのOLさんが感じているようです。
このハリツヤは朝起きたときよりもあるとのことで実際に試してみて実感してくださいね!

 

よい睡眠をとるためにも寝る2時間前にはお風呂にゆっくりはいって体を休めるとともに、
寝る前にはTVやPC、スマホを利用しないことが大切です。

 

強い光を脳が感じると昼間と勘違いしてしまい、活性化してしまうのでせっかく体がお休みモードにはいろうとしているのを妨げてしまいます。。

 

 

7.しっかりとした保湿で乾燥防止!きれいな背中は潤いから!

背中は鏡をつかったりしないと見えないので手入れが疎かになりがち。
でも夏に海やプールにいくと意外と背中って目立つんですよね・・・。

 

手が届きづらいということもあり、気づいた時には荒れ果てた背中に。
そして服などの摩擦で傷つきやすいこともあり一度背中ニキビになると治りづらいもの。

 

背中の皮膚は固くなると柔軟性を失って不純物を排出しづらくなるのでしっかりと潤いをキープしてあげることが背中ニキビの回復にも予防にも必要です!

 

 

まとめ

背中ニキビケアというといくつかの複合的要因によるものが多いのですが生活習慣の見直しが一番です。

 

例えば規則正しい生活を送ってみる、しっかりと睡眠をとってみる。
それでも治らなければシャンプーやコンディショナーのシリコンによる影響を考えましょう。

 

さらにそれでも治らなければマラセチア菌というカビ菌による影響も視野にいれての治療が必要になります。

 

しかしいずれにしても治療すれば必ずよくなるのが背中ニキビです。
諦めず正しい治療を継続していくことが美しい背中を取り戻す鍵ですので一緒に治療していきましょうね!